ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

ニュイ・ブランシュKYOTO 2018 白夜茶会

京都市とアンスティチュ・フランセ関西が毎秋開催する「ニュイ・ブランシュKYOTO 」2018に招待して頂き、白夜の茶会を開催しました。アンスティチュ・フランセ関西の庭に竹の茶室帰庵を建て、お客様を迎え入れました。7月にパリで茶会をし、10月に京都でパリ市発祥の一夜限りの現代アートの祭典に参加し、フランス・パリとの距離が少し近くなったような気がしました。

今回は、京都・パリ友情盟約締結60 周年、日仏交流160 周年を迎えたスペシャル・イヤーのテーマとなるのは「五感」でした。帰庵は「五感で感じる茶室」をテーマの一つとしているので、ピッタリのお茶会となりました。

ニュイ・ブランシュKYOTO 2018
ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

 

ニュイ・ブランシュKYOTO 2018
ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

戸田住職と帰庵の中でお客様として入りお茶を頂きました。

◎関連記事

パリ エッフェル塔茶会 TEAISM-帰庵 2018年の8月初旬にフランス・パリに帰庵を持って行きました。パリ在住の茶人Gilles Maucoutさんのコーディネートで、エッフェル塔を眺めるシャン・ド・マルス公園に帰庵を建て、お茶を楽しみました。現地のフランス人にも帰庵の中に入って頂き、いつもと違うように見えるエッフェル塔を体験してもらいま...
電通報 「竹の茶室」のマジック 2016/11/28... 電通報で竹の茶室を取り上げてもらいました。『届く表現』の舞台裏」という、各界の「成功している表現活動の推進者」ということで、大徳寺大慈院の戸田住職を中心に取材して頂きました。 WEB版の記事はこちら↓↓↓ https://dentsu-ho.com/articles/4697 &n...
咸宜園茶会 竹の茶室 帰庵 2018 1805年に設立された私塾・咸宜園(大分県日田市)の庭に帰庵を建てお茶会を開きました。「咸宜」とは『詩経』から取られた言葉で、「ことごとくよろし」の意味で、塾生の意志や個性を尊重する理念が込められているそうです。帰庵でもそれぞれの意志や個性を尊重したお茶会をしていきたいと思いました。それにしても6月...
鴨川の木の下でお茶会 竹の茶室 帰庵 TEAISM... 鴨川沿いの大きな木の下に帰庵を建て、お茶会をしました。木の幹や根を望みながら自然の勢い、生命力を感じながら一服してもらいました。 帰庵はただの移動式茶室ではなく、その場に結界をつくり、外のような内、内のような外の雰囲気をつくりだします。 鴨川茶会 大きな木の下で...

コメントを残す