コンテンツへスキップ

茶室建築 Tea-ceremony house

茶室建築 京都市左京区

■茶室とは

茶室はあくまで舞台装置であり、主役ではない。
主役は、亭主であり客である。

出会い、おもてなしの場、親交を深める場を提供しているのが茶室である。
茶室は亭主の好みによって作られ、亭主の使い方によって表情を変える。

茶室建築は、素朴であり高価な材料、繊細な技法、手間と技の集大成であるが、目立ってはいけない。
亭主のおもてなしの心や設え、それを受ける客の関係が茶室を完成へと導く。

茶室は完成された舞台であるが常に不完全であり、茶のもてなしが行われて、はじめて完全な建築物になる。そして、毎回同じお茶会は無く、季節が移り変わり、亭主と客人の関係によって、一期一会としての茶室が完成される。

■茶室施工例

Traditional Tea-ceremony house Construction Examples
山中工務店が施工した茶室建築の一部を紹介します。

未完成だからこそ、完成形は一つではない。数寄屋造りの茶室は一期一会。
It is precisely because the room is unfinished that there is no single finished look.
A sukiya-style tearoom is to be treasured at every meeting, for it will never recur.


国宝の茶室写し工事、茶室の新築工事、住宅内部、マンション内部の茶室内装工事、茶室の移築工事。
フランスのパリをはじめ海外での茶室建築も行います。
お茶を点て客をもてなす空間が茶室です。亭主の好み、空間つくりのお手伝いをします。

■ K邸 茶室 新築工事 [京都市左京区 2001年施工]

■ 花園大学 茶室 蔭凉館 新築工事 [京都市中京区 1983年施工]

■ M邸 茶室 新築工事 [東京都小金井市 2001年施工]

■ 道善寺 茶室 新築工事 [大阪市天王寺区 2002年施工]

■ 大徳寺如意庵 茶室 新築工事 [京都市北区]

■ 兵庫県宝塚市 茶室稽古場工事 [兵庫県宝塚市2014年施工]

■渋谷区松濤 茶室住宅新築工事 [東京都渋谷区松濤 2020年施工]

■フランス・パリ 六覚庵新築工事 [Paris France 2022年施工]

■京都の神楽岡茶室改修工事  [京都市左京区 2022年施工]

PAGE TOP