近代的な建築と竹の茶室 2017年3月 国立京都国際会館

近代的な建築と竹の茶室 国立京都国際会館

Modern architecture and the bamboo tea house, March 2017, Kyoto International Conference Center.

 

2017年3月に国立京都国際会館の庭に竹の茶室を建てさせて頂き、お茶を振舞いました。

言の葉大賞の授賞式祝賀パーティーの一環として。

大谷幸夫さんのモダニズム建築の中にある竹の茶室は、対照的ですが、デザインコンセプトがどこか似ているような気がしました。

赤い毛氈が、アクセントになっています。

 

◎関連記事

雪の中、帰庵を担ぐ 2016年1月 琵琶湖湖畔... Inaida carrying KIAN along the shore of Lake Biwa in the snow January 2016.   竹の茶室「帰庵」は、持ち運びができ、そして組立て、解体ができるように設計しています。 運ぶときは、竹を束ねた、肩に担いで...
KYOTOGRAPHIE2018「赤心茶会」京都中央市場... Installation at KYOTOGRAPHIE 2018 “Sekishin Chakai” (Sincere Tea Ceremony) 2018 Kyoto Central Market   KYOTOGRAPHIE2018で華道家の片桐功敦氏が主催した赤心茶会に帰庵...
LondonでのZENイベント 般若心経 大和ジャパンハウス... London ZEN event with the Heart Sutra hanging in the background, July 2018, DAIWA Japan House.   2018年7月にLondonにある大和日英財団さんのレクチャールームにて、般若心経のレク...
東山の借景・新緑を楽しむ茶会 2017年5月 泉屋博古館... A tea ceremony enjoying the verdure of of Higashiyama in Kyoto, May 2017, Izumiya Hakukokan.   泉屋博古館さんの中庭に帰庵を建て、お茶会を開催しました。 東山の新緑を借景にお茶を楽し...

コメントを残す