1805年に設立された私塾咸宜園と帰庵

咸宜園茶会 竹の茶室 帰庵 2018

1805年に設立された私塾・咸宜園(大分県日田市)の庭に帰庵を建てお茶会を開きました。「咸宜」とは『詩経』から取られた言葉で、「ことごとくよろし」の意味で、塾生の意志や個性を尊重する理念が込められているそうです。帰庵でもそれぞれの意志や個性を尊重したお茶会をしていきたいと思いました。それにしても6月初旬でしたが、暑かったです。

咸宜園茶会
咸宜園の内部でもお茶会をしました。咸宜園として初のお茶会だそうで、茶道を通じた多くの学びがありました。

◎関連記事

パリ エッフェル塔茶会 TEAISM-帰庵 2018年の8月初旬にフランス・パリに帰庵を持って行きました。パリ在住の茶人Gilles Maucoutさんのコーディネートで、エッフェル塔を眺めるシャン・ド・マルス公園に帰庵を建て、お茶を楽しみました。現地のフランス人にも帰庵の中に入って頂き、いつもと違うように見えるエッフェル塔を体験してもらいま...
鴨川の木の下でお茶会 竹の茶室 帰庵 TEAISM... 鴨川沿いの大きな木の下に帰庵を建て、お茶会をしました。木の幹や根を望みながら自然の勢い、生命力を感じながら一服してもらいました。 帰庵はただの移動式茶室ではなく、その場に結界をつくり、外のような内、内のような外の雰囲気をつくりだします。 鴨川茶会 大きな木の下で...
秋の蒜山高原 紅葉茶会 2015年11月 京都にもたくさん紅葉スポットがありますが、蒜山高原に紅葉を求めていきました。蒜山高原には名水百選の塩釜の冷泉があり、朝いちばんに水を汲みにいきました。 お菓子も道の駅で地元の羊羹を購入し、蒜山茶会を楽しみました。 道の駅で購入した蒜山名産の落合羊羹(舟形) 水:塩釜の冷泉 ...
大燈国師縁の宝林寺茶会 竹の茶室 帰庵 ... 2018年の宝林寺(兵庫県龍野市)開山忌に本堂前の枯山水の庭に帰庵を建てお茶会を開きました。宝林寺は大徳寺を開山した大燈国師と縁のあるお寺です。南宗寺田島碩應老師にも帰庵のお茶を楽しんで頂きました。枯山水の中から枯山水を見て、枯山水を感じることができました。帰庵の中に入ると普段見慣れた景色も少し違っ...

コメントを残す