帰庵 初代

帰庵のはじまり 試験的茶室 プロトタイプ

2015年2月、帰庵のはじまりは、この写真からです。頭の中の構想を具体的に作ってみました。当時の材料は、竹ではなく角材を使用し、麻縄で支点を結び固定すればなんとかなるだろうと考えスタートしました。が、自立して建つことはできずに、お寺の柱を借りてようやく形ができました。この段階では、どこでも簡単に組み立て、そして解体して別の場所に建てることのできる茶室とは程遠い出来栄えでした。角材でつくると表情が同じ為面白味がありませんでした。

なんやかんやと課題を残した第一号の帰庵でしたが、この挑戦がなければ今の帰庵がなく、ここから試行錯誤がスタートし、竹の茶室帰庵が完成することになる記念すべき第一号でした。

◎関連記事

鴨川の木の下でお茶会 竹の茶室 帰庵 TEAISM... 鴨川沿いの大きな木の下に帰庵を建て、お茶会をしました。木の幹や根を望みながら自然の勢い、生命力を感じながら一服してもらいました。 帰庵はただの移動式茶室ではなく、その場に結界をつくり、外のような内、内のような外の雰囲気をつくりだします。 鴨川茶会 大きな木の下で...
London Japan House Gallery kian 帰庵の写真展 THE DAIWA ANGLO-JAPANESE FOUNDATIONさんのJapan House Galleryで、竹の茶室帰庵の活動写真展を開催しました。(2018年7月) 沢山の方に帰庵(Kian)の茶会の様子を写真で伝えることができました。 "Kina photograph" ...
電通報 「竹の茶室」のマジック 2016/11/28... 電通報で竹の茶室を取り上げてもらいました。『届く表現』の舞台裏」という、各界の「成功している表現活動の推進者」ということで、大徳寺大慈院の戸田住職を中心に取材して頂きました。 WEB版の記事はこちら↓↓↓ https://dentsu-ho.com/articles/4697 &n...
中秋の名月 満月茶会 鴨川 2015年9月... 2015 年9月末に鴨川で開いた、満月茶会です。 満月だけの灯りを楽しみたかったのですが、街中では到底無理な話でした。街の灯りも取り入れ、逆に利用させて頂きながらのお茶会になりました。真っ黒闇では、お茶を点てることができないので、街の灯りは助かります。 外部との関係を遮断せずに、受け入れ...

コメントを残す