下鴨神社 舞殿からみるイチョウ

世界遺産 下鴨神社 舞殿からの銀杏の木

下鴨神社の楼門をくぐると舞殿があり、東の方にある銀杏の木に西日があたり、銀杏の木が黄色く輝いていました。

空も青くて綺麗で、下鴨神社の空気感がとても気持ちよく清々しいです。

 

 

◎関連記事

舞殿より楼門をみる 京都・下鴨神社... ものの見方は見る方向や角度によって同じものでも見え方がかわります。 神様の目線でみてみると、上の写真のようになりました。舞殿より楼門をみました。 どの位置から何をみるのか?とても重要なことだと思います。...
下鴨神社 西の参道から見た紅葉 11月25日の朝の下鴨神社です。西の参道の鳥居前にある紅葉が色を染めようとしていました。 朝日を浴びて、綺麗でした。緑もあり赤もあり、グラデーションの紅葉です。...
下鴨神社(賀茂御祖神社)新嘗祭 参列 2018年... 2018年(平成30年)の下鴨神社で執り行われた新嘗祭(にいなめさい)に下鴨神社青年会代表として参列しました。 古代より続いている農作物に感謝する大切なお祭りです。日本各地の神社で執り行われます。 戦後に新嘗祭から勤労感謝の日に置き換わって、新嘗祭という言葉も知らない人が増えているように...
本州最南端の潮御崎神社 和歌山県潮岬... 本州最南端の潮御崎神社(和歌山県潮岬)へ参拝してきました。 潮岬灯台から歩いていきます。 温暖な気候のせいか、わかりませんが、木の育ち方が独特です。 写真の社は、本殿の横にあったのですが、本殿よりも存在感がありました。 ■潮御崎神社 住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬28...

コメントを残す