下地窓

町家の下地窓 灯りとりとして

町家の改装現場の下地窓です。壁も仕上げっていません。これから漆喰を塗って仕上がります。

下地窓の奥が納戸になっており、そこに照明器具を仕込み、障子を取り付けるので、下地窓を照明器具にひとつとして利用できるようになっています。

 

◎関連記事

網代天井に柿渋塗り 京都市右京区 町家改修... 町家の改修工事現場で、網代天井に柿渋を塗りました。 古い雰囲気を出すために、柿渋で着色し、既存の梁や小屋裏との色のバランスをとっています。 壁を左官で仕上げて、ほぼ完成です。  ...
京都・祇園ゲストハウス新築工事 防火壁... 祇園で工事を進めているゲストハウス新築工事現場です。 防火壁を作りました。 開口部で防火対応にしなくてもすむので、木製建具をつかうことができます。   (防火戸その他の防火設備) 施行令第109条 第1項 法第2条第9号の二ロ、法第12条第1項、法第21条第2項...
住宅の地下室 鉄筋コンクリート造 京都市左京区... 建築中の住宅の地下室です。鉄筋コンクリート造です。 木造の建物を得意としていますが、鉄筋コンクリート造の建物も手掛けています。 最近多いのが、基礎や1階が鉄筋コンクリート造で、2階を木造で建てます。 混構造の建物は1階、2階で家の表情が違うので独特で面白味があります。 &nb...
本州最南端の潮岬灯台 和歌山県串本町... 和歌山県串本町の潮岬にある潮岬灯台に登りました。 写真は灯台への入り口です。教会ぽかったです。 灯台の上から望む太平洋です。最南端ということもあり、暖かったです。  ...

コメントを残す