下地窓

町家の下地窓 灯りとりとして

町家の改装現場の下地窓です。壁も仕上げっていません。これから漆喰を塗って仕上がります。

下地窓の奥が納戸になっており、そこに照明器具を仕込み、障子を取り付けるので、下地窓を照明器具にひとつとして利用できるようになっています。

 

◎関連記事

網代天井に柿渋塗り 京都市右京区 町家改修... 町家の改修工事現場で、網代天井に柿渋を塗りました。 古い雰囲気を出すために、柿渋で着色し、既存の梁や小屋裏との色のバランスをとっています。 壁を左官で仕上げて、ほぼ完成です。  ...
上賀茂社家改築工事 円窓 京都市北区... 上賀茂(京都市北区)の社家の改築工事をしています。オリジナルの円窓を新たに竹を組んで下地をつくり、作り替えました。養生がとれて完成が楽しみです。...
京都の町家の木製建具 窓 京都の町家でも木製建具の窓をつけているところは限られているのかもしれません。 利便性、防犯、条例、法令などの条件で木製建具をつけたくてもつけれない建物が多く存在しています。 町家建築であるなら、数寄屋建築であるなら、木製建具をつけたいところです。 写真の建具は雨風の影響で木部にシミ...
醍醐寺 三宝院 純浄観(重要文化財)修繕工事... 醍醐寺の三宝院の中にある重要文化財の純浄観という建物の修繕工事を行いました。 台風で建具が崩壊したらしく、建具ができるまでのあいだ、仮設の壁をつくりました。 仮設なので色合いもデザインもこだわれないですが、丁寧な仕事で仕上げました。 素敵な庭や壁画がみれる三宝院に是非お参りに行って...

コメントを残す