懸魚の取り付け

懸魚修復工事 醍醐寺理性院 取付 

台風21号で吹き飛んだ懸魚(けぎょ)の修復工事を行いました。

工場で彫刻し復元した懸魚の取り付けを行いました。

屋根の妻に懸魚や六葉をつけるとデザインが決まります。

魔除け、火事払いの意味がありますが、懸魚はデザインの決めてにもなります。

◎関連記事

醍醐寺 三宝院 純浄観(重要文化財)修繕工事... 醍醐寺の三宝院の中にある重要文化財の純浄観という建物の修繕工事を行いました。 台風で建具が崩壊したらしく、建具ができるまでのあいだ、仮設の壁をつくりました。 仮設なので色合いもデザインもこだわれないですが、丁寧な仕事で仕上げました。 素敵な庭や壁画がみれる三宝院に是非お参りに行って...
釈迦堂の柱を加工 仕口 釈迦堂の柱を加工 完成からの逆算した仕口です。
祇園の宿 新築工事 棟上げ 祇園南で計画している一棟貸しの宿の棟上げが無事終わりました。 京都の人気エリアに新しく個性的な宿を建築していきます。 茶室も宿の中に建築する予定です。...
京都・祇園ゲストハウス新築工事 防火壁... 祇園で工事を進めているゲストハウス新築工事現場です。 防火壁を作りました。 開口部で防火対応にしなくてもすむので、木製建具をつかうことができます。   (防火戸その他の防火設備) 施行令第109条 第1項 法第2条第9号の二ロ、法第12条第1項、法第21条第2項...

コメントを残す