大徳寺養徳院 総門 新築工事

大徳寺養徳院 総門新築工事

大徳寺養徳院 総門 新築工事 [京都市北区 1986年]

養徳院は、1394~1428年(応永年間)、足利義満の弟、足利満詮(あしかがみつあきら)が前妻の供養のために建てたもので満詮の死後に満詮の法名養徳院に改称した。

コメントを残す