大徳寺養徳院 総門 新築工事

大徳寺養徳院 総門新築工事

大徳寺養徳院 総門 新築工事 [京都市北区 1986年]

養徳院は、1394~1428年(応永年間)、足利義満の弟、足利満詮(あしかがみつあきら)が前妻の供養のために建てたもので満詮の死後に満詮の法名養徳院に改称した。

◎関連記事

大徳寺総見院 信長門 改築工事 大徳寺総見院 信長門 改築工事 [京都市北区] 総見院は、羽柴(後の豊臣)秀吉が、本能寺の変に倒れた織田信長の追善菩提のために建立。...
大徳寺大仙院 総門 新築工事 大徳寺大仙院 総門 新築工事 [京都市北区 1985年施工] 国宝の庭があり、一般公開しているお寺なので、お気軽にお参りください。...
大徳寺大仙院 唐門 新築工事 大徳寺大仙院 唐門 新築工事 [京都市北区 1985年施工] 大仙院は、永正6年(1509年)に大徳寺第76世の大聖国師古岳宗亘(こがくそうこう)が開いた寺院です。 唐門をくぐり、大仙院の受付へ入ります。多くの参拝者を迎え入れる唐門です。...
大徳寺の紅葉グラデーションがきれい 2018... 大徳寺大慈院さんの紅葉です。 黄色から赤色へのグラデーションが綺麗でした。 自然の美しさはその場、その時の色々な条件が重なり、成り立つものです。 この紅葉に出会えてよかったと思いました。...

コメントを残す