四畳半の世界

茶室四畳半の世界 畳からのイメージ

弊社の茶室の畳です。四畳半に炉がきってあります。炉があるので中心がズレているようにみえますが、四畳半の正方形の世界と、畳の縁のラインが、空間の創造を掻き立てます。

炉からはじまるぐるぐるした世界が面白いと思いました。

 

 

◎関連記事

平成31年元旦 初釜 於:事務所茶室... 元旦早々に、山中工務店の事務所にあるお茶室で初釜を楽しみました。 おせち料理を頂き、その後、薄茶を一服。 御菓子は、お手製のいもきんとんです。 子供も大人も、一緒に一服頂きました。...
枝折戸(しおり) 茶室露地 露地に作った枝折(しおり)戸です。TV番組の制作スタッフからたまに写真を使わせてほしいと依頼がくる写真です。枝折戸に限らず、戸というのは空間を区切る役割があり、その戸を隔てた内と外の世界の違いを感じる為に枝折戸はあります。自分の家に入る時は何も感じませんが、他人の家にお邪魔するときや車に入る時などは...
サリュ(Salut)の七宝焼きの色が綺麗 ... 町家を改装して店舗兼作業所にして七宝焼などを製造販売しているサリュ(京都市上京区)さんのsippoの商品です。色がとても綺麗だったので写真を撮らせて頂きました。 カジュアル使いもフォーマル使いもできる七宝焼の様々な商品があります。  ...
平成31年1月25日 初天神 北野天満宮... 茶道具を見に平成31年初天神へ行ってきました。 狙っていた茶道具とは巡り合えませんでしたが、久しぶりに行くと楽しいものです。 こんなの売れるの?という商品を見るたびに、頭が固くなったのかなぁと思うことがあります。 商売を考えると難しいですが、どんなものでもどこかでほしい人がいるもん...

コメントを残す